CSR活動

タイ支援

H2コンサルティングは発展途上国の子ども達の教育支援活動を行っています。中でも東南アジアの支援活動には力を入れています。活動の主な内容としては、学校を設立して本や文房具、遊具などを寄付し、次世代を担う子ども達の教育をサポートしています。

先日はタイのモン族を訪問しました。モン族はミャンマーと争って敗れた事により住む土地と国籍を無くしてしまった不運な民族です。

国籍がないので社会保障もなく良い仕事に就く事も難しくて支援もなかなか行き届きません。 長年の苦労が報われた校長先生のお話に涙が出ました。

アウン=サン=スーチーさんが先日こちらの学校を訪れた際、この学校を卒業した子ども達を中卒学歴としてミャンマーの高校一年生として受け入れる約束をしてくれたそうです。

タイ支援

校長先生自身もミャンマーで民主主義を勝ち取ろうと戦い国を追放された経緯のある方。 民族の未来の為にタイへ来てからだけでもボランティアで15年もの間子ども達を教え、育て続けています。

その長年の中で大きな希望の光が見えたと話していたのに涙が止まりませんでした。

今現在は日本が経済大国で一方的に支援をするような関係のように見えますが、今後、日本の人口は半減し、日本経済は衰退していく事が明らかです。そんな国に住むわたし達日本人にとっては新興国の経済成長に対して投資を行っていく事や支援などを通じ様々な友好関係を結んでおく事が、いずれわたし達の身を助ける日が来ると考えます。

タイ支援

投資もまた経済成長には必要な支援です。 その支援を通してわたし達が得た収益の一部がまたその国に寄付されるような形が取れれば皆がwinーwinになれるのではないでしょうか?

このページの上へ